会員向けトラブル相談サービスPサポ会員向けトラブル相談サービスPサポ

Pサポとは

Pサポは株式会社Vanguard Smithが提供する
トラブル予防&解決支援の会員制相談サービスです。

万が一のトラブル相談債はどこですか?

「警察や行政に相談しても具体的な解決が見えない」「警備会社や探偵、弁護士に相談するには費用が気になる」「警察には相談しにくい」「大ごとにする程ではないけれど不安」など、これまで司法や行政に相談しにくかった、警備会社や警察が対応しなかった問題を警察OBが相談員となり解決支援。事件や事故になる前にトラブルの芽を摘む、新しいセキュリティサービスです。

近隣トラブル等を含む警察相談は200万件以上!(H27年)。
ここ10年増加の一途を辿っています。

ストーカー相談
H25年以降2万件以上の高水準

画像出典:警察庁 2020年2月6日「令和元年の犯罪情勢【暫定値】」

DV相談
年々増加し、令和元年度は8万件以上(法施行後最多)。


DVとストーカーの被害

昨年1年間に全国の警察が把握した配偶者などパートナーに対する暴力(DV)は8万2207件で、DV防止法が施行された2001年以降で最多だった。警察庁が5日発表した。同庁は増加理由について、「被害者が泣き寝入りしていた状況が改善されてきたことと、警察が積極的な対応に努めているからではないか」としてい…

画像出典:朝日新聞 2020年3月5日

特殊詐欺
認知件数1万6千件以上(H30年)。
手口が多様化し被害額も増加。

認知件数・被害額の推移

令和元年の特殊詐欺の認知件数は16,851件(-993件、-5.6%)、被害額は315.8億円(-67.0億円、-17.5%)で、前年に引き続き認知件数、被害額ともに減少しているが、依然として高い水準の被害が発生していることから、深刻な情勢

画像出典:警察庁 2018年5月28日「令和元年の特殊詐欺の認知件数及び被害総額」

SNSに起因する犯罪検挙数が増加。
サイバー犯罪の検挙数9,542件(令和元年)

画像出典:警察庁 2020年2月6日「令和元年の犯罪情勢【暫定値】」

SNSによるによる誹謗中傷はもはや芸能人だけではない

あおり運転デマ
2019年8月に茨城県の常磐自動車道で男性会社員があおり運転を受けたあとに殴られるという事件が起こった。加害者の車に同乗していた女性は、加害者が暴行する様子を撮影しており、この時の映像がテレビ等で放送され話題となった。

報道によると、サングラスや服装が似ているという理由で、無関係の女性があおり運転を行った車に同乗していた女性であるというデマがインターネット上で多く投稿・拡散され、無関係の女性の実名やSNSのアカウントが特定され、事件とは無関係であるにもかかわらず、女性のSNSには「自首して」などという投稿が相次いだという。
2019年8月24日 読売新聞 朝刊39面ほか

芸能人への誹謗中傷
2020年5月、人気リアリティー番組に出演していたプロレスラーの方が、番組内での言動を巡ってSNS上で誹謗中傷を受け、亡くなった。

報道によると、SNS上では、「早く消えてくれよ」「吐き気がする。」など、中傷する書き込みが複数されていたという。
2020年5月25日 毎日新聞 朝刊22面ほか

相談員は全員警察官OB

当社に在籍する相談員は、男女共に全員が元警察官です。
相談員の前職▸ 刑事部、生活安全部出身の捜査官、経験豊富な地域警察官等
現場をよく知る警察OBが、防犯指導から実務的なアドバイス、司法や行政との連携、ご自身では判断がつきかねるお困りごとにも対応いたします。

インターネット・SNSによる
誹謗中傷

匿名ユーザーから悪口や批判
見覚えのない事実の書き込み

ストーカー・DV

元交際相手や配偶者からの
身体的・精神的被害やつきまとい

近隣トラブル

騒音・ゴミ
身に覚えのない苦情

詐欺・金銭トラブル
嫌がらせ

「警察で出来ることはない」
「とりあえず様子を見て」
と言われてしまった

「まだ大したことじゃない」
「事件じゃない」
最悪な事態は些細なことから
はじまります。
だからこそ「いまのうち」に!

サービス紹介

警察OBによる無料相談窓口

実務的な対策から、司法・行政への連携までさまざま。実際に色々な現場を見てきた元警察官たちが解決に向けたアドバイスをいたします。

生活再建費用の一部負担

住宅への不法侵入があった場合、悪質かつ継続的な嫌がらせや違法行為から守るために対策する場合、以後の生活を安全に過ごすために必要であると認められるものについて、当社にて対応提供いたします。(転居費用・鍵交換・カメラ設置・補修・電話番号変更事務手数料、SNS対策等の費用を含む)
※上限10万円/年1回(10万円未満は実費精算)までとします。
原則警察への届出により他者からの被害と認定可能な事例を対象とします。
警察へ未届の場合、緊急性等を加味し個々の事例において当社が必要と判断した場合にのみ対象とします。
加入時において既発生のトラブルに起因する事例は対象外となります。

<生活再建費用ついて当社の負担で行うもの>
転居費用、鍵交換等の防犯対策費用
携帯電話の番号変更事務手数料
SNSトラブル対応にかかる費用(解析、投稿削除)
<負担しないもの>
訴訟費用、弁護士費用、防犯対策と無関係な家具家電等の補修費

専門家・関係機関のご紹介

法律問題の専門家やシェルターなどの支援機関を必要に応じてご紹介いたします。

3つのご相談方法

お電話でのご相談

会員専用ダイヤルにて、相談員がお電話でお話を伺います。

========================
【営業時間】平日10:00〜18:00
(土日祝祭日、年末年始を除く)
========================

メールでのご相談

会員用メールフォームからお問い合わせいただけます。原則として、24時間以内に相談員より返信いたします。

面接でのご相談

お電話・メールとは別に直接面接相談をご希望の場合、一回5,000円(税別)+実費交通費にて面接相談を承ります。
※電話相談やメール相談時の追加費用や成功報酬等の費用は一切かかりません。
※なお、面接相談にかかる実費交通費については事前にお伝えいたします。